ブログ

2023年09月01日
えがお洋品店

33. デニムアウトフィット

デニムはほとんどの人が穿くもの。故にうまく着るにはコツがいります。

 

 

 

 

 

デニムが市民権を得た現在、いかにうまくデニムパンツと付き合って行くのかを知ることは、カジュアルな日をおしゃれに見せられるようになるということ。

 

 

デニムは全世代、ほとんどの人が穿くものだからこそ大人の女性にこそ似合うアウトフィットを覚えておくことが重要です。

 

 

 

 

ドレスなトップスを合わせる

 

 

 

 

 

デニムはカジュアル度が高いため、トップスにTシャツやスエットを持ってきてしまうと子供っぽくなってしまい、大人の顔との違和感が生まれてしまいます。

 

 

 

そこでおすすめなのは白シャツやジャケットといったドレス度の高いアイテムとの組み合わせです。

 

 

 

全体のカジュアルの面積が30%に収まるように白シャツは出して着てみましょう。デニムの印象を少なくすることを意識します。

 

 

ジャケットは腰まで隠れる長さがあると、こちらもカジュアル度数が減り大人っぽく仕上がります。

 

 

 

そのままではそれぞれ半分のパーセンテージなので、ここからドレスアイテムを付け足していくことで、より大人の表情にしていきます。

 

 

 

 

 

デニムの時はジュエリーで味付け

 

 

 

 

 

ジュエリーはドレス度を上昇させるのに最高のアイテムです。

 

 

 

お勧めしたいのは顔まわりに華やぎを与える大ぶりのイヤリング、シルバーやゴールドなどの地金系でもいいですし、コスチュームジュエリーのようなものでもOK。

 

 

 

顔まわりに華やぎを持ってくることで、デニムのカジュアルを薄めることができます。

 

 

 

また、シンプルなブレスレットやリングの重ね付けも有効です。

 

 

気をつけるべきは、ネックレス。
ネックレスを主役としたアウトフィットを注意深く組み合わせたコーディネート以外はおばさんっぽく見えてしまう可能性が高いです。

 

 

大人のデニムはシンプルに徹すること。

 

 

 

 

 

濃紺、グレー、黒は失敗しない

 

 

 

 

薄い色のデニムは膨張してみえたり、カジュアル度が高く、うまく着こなすのが実は難しいアイテム。

 

 

 

大人の女性にはあまりウォッシュがかかっていない濃紺のキレイなタイプ、もしくはグレーや黒デニムをおすすめします。

 

 

 

特にグレーや黒はデニムの素材感を活かして、エレガントなトップスをうまくドレスダウンしてくれます。

 

 

 

ちなみに、ダメージが入っているものや、ヒゲやアタリの加工が強すぎるものもアウト。

 

 

 

ベーシックなものを選ぶのがコツです。

 

 

年齢を重ねてデニムでお出かけは難しいと感じる一方で、大人の女性が上手に着ている姿ほど格好良いものはありません。

 

 

デニムを主役にしたコーディネート、久々にトライしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

Johnny Kawasaki

facebook X pinterest